不動産|ファイナンシャルプランナー試験科目

不動産|ファイナンシャルプランナー試験科目

FP試験科目の概要とポイント「不動産」では建築基準法を丸暗記しても良いほどです。

 

建築基準法についての出題がかなりありますから、覚えておいて損はありません。

 

不動産売買に役立つのはもちろんですが、不動産を持っている人がどのように運用していくのがベストなのか、細かなプランニングをしていきますので、不動産に関わる法律や、税金についても勉強することになります。

 

不動産を売ってしまいたいという人もいるし、アパートなどを立てて継続した収入が欲しいという人もいます。

 

賃貸に不動産をつかうためには当然ながら税金もかかってくるし、建築基準法を知っておかないと思わぬトラブルになってしまうこともあります。

 

こうした知識は通常持っていませんから、ファイナンシャルプランナーが細かな部分の指摘や指導をしていくことが大切です。

 

そのためにはまずプランナーが詳しくならなければなりませんよね。

 

この科目については、宅建取引法なども役立ってくれます。

 

建築に関わる細かな法律が知れるし、最近のテキストは分かりやすくなっているので、ファイナンシャルプランナーの試験とリンクする項目を重点的に勉強するようにするだけでも結果が変わってきます。

 

不動産をもて余していたり、リスクのある運用をしてしまっている人もいるので、とくに不動産投資については細かく内容を把握してリスクを考え、有効な投資ができるようにアドバイスをしていきますから、このあたりについてもきちんと頭にいれておきたいですね。

 

スポンサードリンク

ECC

関連ページ

3級FP技能検定試験の申し込み方法
3級FP技能検定試験は金財のみで実施
2級FP技能検定試験の申し込み方法
2級FP技能士は受験資格と試験日程をしっかり確認しておこう!
1級FP技能検定試験の申込方法
1級FP技能士の学科試験は金財で実施
モチベーションは十分?
一番大切なこと
独学と通信講座
独学と通信講座どっちを選ぶ?
ライフプランニング|ファイナンシャルプランナー試験科目概要
FPの試験において最も基礎となる
リスク管理|ファイナンシャルプランナー試験科目
日常生活の危険というと、大きな怪我や病気
金融資産運用|ファイナンシャルプランナー試験科目
実技でも出題される項目
タックスプランニング|ファイナンシャルプランナー試験科目
「タックス」とは日本語訳すると「税金」という意味
所得税の基本
ファイナンシャルプランナー試験科目「タックスプランニング」の中の所得税について解説
相続・事業承継|ファイナンシャルプランナー試験科目
ト「相続・事業承継」は、出題される範囲がとても広く、かなりの勉強が必要
3級FP技能検定試験の勉強方法
3級はテキストを使った独学で十分合格できます
2級FP技能検定試験の勉強方法
ファイナンシャルプランナー2級講座には通信講座以外に通学もあります
1級FP技能検定試験の勉強方法
1級FP技能士の勉強方法は方法が限られます