リスク管理|ファイナンシャルプランナー試験科目

リスク管理|ファイナンシャルプランナー試験科目

「リスク」とは日本語訳すると「危険」という意味です。
私達の日常生活の危険というと、大きな怪我や病気。

 

このような危険な状態になってしまった場合、多額のお金が必要となります。
せっかく生活設計を立てていても、このような予期せぬ出費があると、
一気に生活設計は崩れてしまいます。

 

具体的に挙げれば、

 

家族が亡くなってしまった時、
大きな病気で入院した時、
家が火事になった時

 

など、非常に大きな出費になります。

 

こういう時はどうしますか?

 

こういう「思わぬリスク」に対応できるのが「生命保険、損害保険」といった保険商品です。

 

ファイナンシャルプランナー試験のリスク管理では、この保険の特徴や効果を勉強します。
できるだけ少ない費用でもっとも効果的な対策を考えるのが、
ファイナンシャルプランナーの仕事です。

 

この試験科目の内容はリスクマネジメントから始まります。

 

リスクマネジメント

 

リスクマネジメントでは今後起こる可能性のあるリスクと、
その時期を分析していきます。

 

リスクは人それぞれ異なります。

 

未婚の人と既婚者。
子供の年齢。
家族構成など

 

それらを評価・分析しリスクを算定。
危機や危険が発生する前に、リスクを回避したり軽減させる対策を考えます。

 

例えば世帯主が亡くなった場合は、
遺族補償・死亡退職金・預貯金・家族の生活費などを詳細に分析し、
いくらお金が足りなくなるかを考え対策を練ります。

 

そして「必要保障額」を算定するというのがこの科目で勉強していく内容です。

 

とろこが必要保障額を計算できても、肝心の対策方法が分からないとお話になりません。

 

次に勉強するのが各種保険商品の知識。
リスク対策方法は主に各種保険商品を使った対策になります。
生命保険、損害保険の仕組みや機能、種類まで幅広く覚えていきます。

 

ちなみにリスクマネジメントの対象は個人だけでなく企業も含まれます。

 

タックスプランニングと同様、実生活でも役立つ試験科目の一つです。

 

保険商品の相談は比較的需要のある仕事です。
第三者的な立場から保険商品を検討できるファイナンシャルプランナーは
保険知識のない素人にとっては助かる存在です。

 

 

スポンサードリンク

ECC

関連ページ

3級FP技能検定試験の申し込み方法
3級FP技能検定試験は金財のみで実施
2級FP技能検定試験の申し込み方法
2級FP技能士は受験資格と試験日程をしっかり確認しておこう!
1級FP技能検定試験の申込方法
1級FP技能士の学科試験は金財で実施
モチベーションは十分?
一番大切なこと
独学と通信講座
独学と通信講座どっちを選ぶ?
ライフプランニング|ファイナンシャルプランナー試験科目概要
FPの試験において最も基礎となる
金融資産運用|ファイナンシャルプランナー試験科目
実技でも出題される項目
タックスプランニング|ファイナンシャルプランナー試験科目
「タックス」とは日本語訳すると「税金」という意味
所得税の基本
ファイナンシャルプランナー試験科目「タックスプランニング」の中の所得税について解説
不動産|ファイナンシャルプランナー試験科目
不動産売買に役立つ!
相続・事業承継|ファイナンシャルプランナー試験科目
ト「相続・事業承継」は、出題される範囲がとても広く、かなりの勉強が必要
3級FP技能検定試験の勉強方法
3級はテキストを使った独学で十分合格できます
2級FP技能検定試験の勉強方法
ファイナンシャルプランナー2級講座には通信講座以外に通学もあります
1級FP技能検定試験の勉強方法
1級FP技能士の勉強方法は方法が限られます