所得税の基本

税金について知ろう!

ファイナンシャルプランナー試験科目「タックスプランニング」の中の
所得税について解説していきます。
まずは日本の税金の仕組みの概要を知っておきましょう!

 

日本の税金の種類

 

所得税の事を書く前に税金の種類についてまとめておきます。
昔社会科の授業で習ったことでもいまではアヤフヤになってしまっていたり・・・

 

日本の税金は「国」か「地方公共団体」が徴収しています。
それぞれ「国税」「地方税」と呼ばれます。

 

また、納税義務者と税金を負担する人が同じかどうかによって、
「直接税」と「間接税」といった分類もされます。
納税義務者と担税者が同一かどうかってなんだか分かりにくい(-_-;

 

直接税・・・所得税、法人税など
間接税・・・消費税、酒税など

 

所得税が直接税というのはイメージしやすいと思いますが、
消費税が間接税というのは少しイメージしづらいかもしれません。

 

私達が普段払っている消費税は法人・事業主に対して払っている事になっています。
実際に消費税を納めているのは法人・事業主です。
つまり、納税義務者と負担する人が異なるため「間接税」となります。

 

では次はファイナンシャルプランナー試験科目「タックスプランニング」の中心である所得税について
簡単に解説していきます。

 

所得税の種類

 

個人が納める直接税金で主なものが「所得税」です。
所得税の種類は10種類に分類されるのですが、
普段仕事をして給料という形でもらっているものが、そのうちの1つである「給与所得」です。

 

所得税は給与所得全体にかかるわけではなく、
子供や配偶者がいる方はその分税金が控除されます。
また所得額によって税率も異なってきます。

 

自身の税額を知りたい時は年末調整後にもらえる源泉徴収票を見てみてください。

 

医療費がたくさんかかった場合も所得税から控除されるんですよ。
この場合は自分で確定申告しなければならないので、
知らない方も結構いらっしゃるかもしれません。

 

10種類の所得というのは以下の通りです。

 

・利子所得
・配当所得
・不動産所得
・事業所得
・給与所得
・山林所得
・退職所得
・譲渡所得
・一時所得
・雑所得

 

ファイナンシャルプランナー試験のタックスプランニングでは
これらの所得税の概要から各税額控除、 そして申告までを勉強していきます。
結構面白そうだと思いませんか?

 

スポンサードリンク

ECC

関連ページ

3級FP技能検定試験の申し込み方法
3級FP技能検定試験は金財のみで実施
2級FP技能検定試験の申し込み方法
2級FP技能士は受験資格と試験日程をしっかり確認しておこう!
1級FP技能検定試験の申込方法
1級FP技能士の学科試験は金財で実施
モチベーションは十分?
一番大切なこと
独学と通信講座
独学と通信講座どっちを選ぶ?
ライフプランニング|ファイナンシャルプランナー試験科目概要
FPの試験において最も基礎となる
リスク管理|ファイナンシャルプランナー試験科目
日常生活の危険というと、大きな怪我や病気
金融資産運用|ファイナンシャルプランナー試験科目
実技でも出題される項目
タックスプランニング|ファイナンシャルプランナー試験科目
「タックス」とは日本語訳すると「税金」という意味
不動産|ファイナンシャルプランナー試験科目
不動産売買に役立つ!
相続・事業承継|ファイナンシャルプランナー試験科目
ト「相続・事業承継」は、出題される範囲がとても広く、かなりの勉強が必要
3級FP技能検定試験の勉強方法
3級はテキストを使った独学で十分合格できます
2級FP技能検定試験の勉強方法
ファイナンシャルプランナー2級講座には通信講座以外に通学もあります
1級FP技能検定試験の勉強方法
1級FP技能士の勉強方法は方法が限られます