タックスプランニング|ファイナンシャルプランナー試験科目

タックスプランニング|ファイナンシャルプランナー試験科目

「タックス」とは日本語訳すると「税金」という意味です。
私達の生活では様々なものに税金が関わってくるのですが、
ファイナンシャルプランナー試験で勉強するのは「所得税」についてです。

 

FP技能士2級ではさらに「法人税」も試験範囲に加わってきます。

 

所得税についていまいち実感が湧かないという方は給与明細をご覧ください。

 

明細に源泉や源泉所得税という項目で毎月引かれていると思いますが、
これが所得税です。

 

この源泉所得税の額は会社側が計算していますが、年末になると年末調整という形で正しい所得税を計算します。
これも会社側がやっています。

 

誤差があった場合は差額分は年末調整分として私達に返金されます。
普通は毎月の源泉は多めにとっているので、年末調整では還付される事がほとんどなのですが、
もちろん不足する場合もあります。その時は逆に給料から引かれてしまうのです。

 

でも、「自分の所得に対する税率」「所得税の計算方法」「所得税から控除されるもの」など
知識を持っている方はどのぐらいいるのでしょうか?

 

タックスの知識があれば控除されるものが分かり、自分の所得税の計算方法も分かります。
本来控除されるのにそれを会社へ報告していなかった事に気づく事もあります。

 

ファイナンシャルプランナーとして営業する視点から見ると、タックスプランニングは、
中小企業等の法人の節税対策に使います。

 

もちろん個人でも高所得者や多くの不動産を持っている方は節税対策が重要になってきます。
節税対策って地味な響きですが、もっとも簡単に所得を増やせる方法だと私は思っています。
(もちろん合法的にですよ)

 

タックスプランニングはファイナンシャルプランナー試験の科目でも実用性が高く分かりやすい科目です。

 

スポンサードリンク

ECC

関連ページ

3級FP技能検定試験の申し込み方法
3級FP技能検定試験は金財のみで実施
2級FP技能検定試験の申し込み方法
2級FP技能士は受験資格と試験日程をしっかり確認しておこう!
1級FP技能検定試験の申込方法
1級FP技能士の学科試験は金財で実施
モチベーションは十分?
一番大切なこと
独学と通信講座
独学と通信講座どっちを選ぶ?
ライフプランニング|ファイナンシャルプランナー試験科目概要
FPの試験において最も基礎となる
リスク管理|ファイナンシャルプランナー試験科目
日常生活の危険というと、大きな怪我や病気
金融資産運用|ファイナンシャルプランナー試験科目
実技でも出題される項目
所得税の基本
ファイナンシャルプランナー試験科目「タックスプランニング」の中の所得税について解説
不動産|ファイナンシャルプランナー試験科目
不動産売買に役立つ!
相続・事業承継|ファイナンシャルプランナー試験科目
ト「相続・事業承継」は、出題される範囲がとても広く、かなりの勉強が必要
3級FP技能検定試験の勉強方法
3級はテキストを使った独学で十分合格できます
2級FP技能検定試験の勉強方法
ファイナンシャルプランナー2級講座には通信講座以外に通学もあります
1級FP技能検定試験の勉強方法
1級FP技能士の勉強方法は方法が限られます