「特定口座」って何のこと?

「一般口座」と「特定口座」の違いは?

まず「特定口座」が登場した理由からお話します。
平成15年度からすべての投資家が確定申告をしなければならなくなりました。
いままでの「一般口座」では株の売買益を自分で計算しなくてはなりません

 

1年間の取引を自分で計算したうえに、確定申告をしなければならないのです。

 

とても面倒ですよね?

 

ほとんどのサラリーマンは確定申告とは縁がありません。
そこで登場したのが「特定口座」です。

 

これは証券会社が1年間の取引を計算し、「年間取引報告書」を送ってくれます。
投資家はこれを見れば年間の売買益が一目でわかります。

 

売買益がわかれば、取引の計算を自分でしなくてもよいので、
確定申告をするのがとても楽になります。

 

しかし、確定申告のやり方を覚えるのも面倒だったりします。

 

そんな人は「源泉徴収ありの特定口座」を利用すれば、
売買益から自動的に税金がひかれます。

 

なので、確定申告が不要になるのです。
確定申告=国へ税金を納める手続き」ですからね。

 

つまり証券会社の口座はこれら3種類から選択が可能ということです。

 

どのタイプの口座を選べばよいのか?

わたしは「源泉徴収ありの特定口座」を利用していますが、
それぞれメリット・デメリットはあります。

 

*「一般口座」の特徴

年間の取引による売買損益を自分で集計し、確定申告をしなければなりません。
取引の集計はかなり面倒なので、特定口座を選ぶことをお勧めします。
手間がかかる分税金の特例を受けられますが、初心者には関係ないでしょう。

 

源泉徴収を引かれてないので年内は税金が徴収されません。

 

*「源泉徴収ありの特定口座」

確定申告が不要というのが大きなポイントです。
売買益から自動的に税金が徴収されます。
年間で損がでた場合にも一般的には証券会社が「譲渡益税還付」として税金を還元してくれます。

 

確定申告のことは考えたくないという人はこれを選びましょう。

 

*「源泉徴収なしの特定口座」

売買益から源泉徴収がひかれないので年内は税金が徴収されません。
実は「給与所得が2,000万円以下で、売却益が20万円以下の人は申告不要」です。

 

つまり、年間の売買益が20万円以下になりそうな場合はこの口座を選ぶとお得なんですね。

 

また、投資金額が大きくなってくると源泉で引かれる税金の金額が大きくなってきます。
源泉徴収ありの場合は、取引ごとに税金が引かれてしまいますが、
源泉徴収なしなら次の年の3/15日までにまとめて税金を払う事になります。

 

つまり、税金の支払いを翌年まで保留できる形になるので、
その分を再投資に回す事ができます。

 

そして一番のメリットは年間で損失が発生した場合は、
損を繰越しできるのです。

 

確定申告の手間はありますが、 この「源泉徴収なしの特定口座」が一番おすすめです。

 

スポンサードリンク

ECC

関連ページ

なぜオンライン証券会社がよいのか?
ファイナンシャルプランナーとして活動するようになると必ず顧客からは株・投資についても質問されます。「証券会社はどこがいい?」と聞かれたらどうしますか??
初心者の証券会社選びのポイント
なにを基準に選ぶのか
わたしが利用しているネット証券会社の紹介
初心者向けはこの2社
株取引は実践を積むことが大事
実践が一番の力になるのです
そもそも株ってなに?
今回はファイナンシャルプランナー試験からは脱線して株のお話。
株式上場することのメリット
なぜ上場を目指すのか
株の「配当金」とは?
ファイナンシャルプランナーの勉強でも出てくる配当金のこと