株の「配当金」とは?

株の「配当金」とは?

ファイナンシャルプランナーの勉強でも出てきますが配当について解説していきます。
試験勉強とは違った方向から配当金についてみていきましょう!

 

企業の利益の一部

配当とは「企業があげた利益の一部を株主に配分すること」です。
通常は配当は年に1回か2回行われます。

 

ただし、配当は必ずもらえるものではありません。
配当を実施していない企業もありますし、
決算で赤字に転落すれば配当が減額されたり、見送りになることもあります。

 

いつまでに株を購入すれば配当を貰えるか?

株の受け渡しは、約定日(買えた日)から4営業日後になるので、
決算月の最終営業日を含む5営業日前までに約定しておけばもらえます。

 

配当がないのは悪い企業?

そんなことはありません。

 

確かに配当が高い企業は魅力的ですが、配当を支払わない分、
企業はその資金を事業の拡大に使えます。

 

なので、急成長の企業は配当が低い場合が多いのです。

 

逆に成長が終わり、安定した企業や設備投資が不要になった企業などは
配当を多くする傾向があります。

 

また配当には税金がかかります。

 

企業があげた利益にも税金がかかるため、
国から二重にとられることになります。

 

企業もそれを考慮して配当を決めています。

 

ところで、いま人気のJ-REIT(日本版不動産投資信託)というものがありますが、
REITは利益の90%以上を分配しなければならないため、高い分配金が得られます。

 

リスクをかけたくなくて、安定した配当がほしいという人は
J-REITについて勉強してみるのもよいと思います。

 

スポンサードリンク

ECC

関連ページ

なぜオンライン証券会社がよいのか?
ファイナンシャルプランナーとして活動するようになると必ず顧客からは株・投資についても質問されます。「証券会社はどこがいい?」と聞かれたらどうしますか??
初心者の証券会社選びのポイント
なにを基準に選ぶのか
わたしが利用しているネット証券会社の紹介
初心者向けはこの2社
株取引は実践を積むことが大事
実践が一番の力になるのです
そもそも株ってなに?
今回はファイナンシャルプランナー試験からは脱線して株のお話。
株式上場することのメリット
なぜ上場を目指すのか
「特定口座」って何のこと?
最近は見ませんが、以前はテレビで特定口座特集がよく組まれていました