FP以外の資格を紹介「簿記」

簿記検定試験ってなに?

企業規模の大小や業種、業態を問わずに、日々の経営活動を記録・計算・整理して
経営成績と財政状態を明らかにする技能のこと

 

簡単にいうと、営利を目的とした事業の帳簿の記帳法を学ぶのが簿記ですね。
で、その記帳法がちゃんとできるかどうか試すのが検定です。
帳簿へ整理して記帳できる人へ、認定証を渡すわけです。
その判断を簿記検定という形で行うんですね。

 

受験制限もなく、合格したからといって、機関への登録もいりません。
高校生でも受けられます。商業高校の人は学習していると思います。

 

簿記を学ぶことで、会社での収入や経費の流れが数字でわかるようになります。
決算書(損益計算書、貸借対照表)が読めるようになります。

 

昔から安定した人気、評価があるのが簿記です。

 

実際の実務はとても地味です。もちろん独立したりできません。
簿記1級をとっても「先生!」とは呼ばれません。地味〜な資格なんです。

 

地味ですが、とても役に立つ資格です。
誰にでも活用できるのでお薦めできる資格です。

 

自分に子供ができたら簿記だけは必ず学習させます。
それぐらい自己投資になる資格だと思うからです。

 

会計事務所勤務を経験した管理人の話がみなさんの参考になればと思います。

 

はじめての簿記入門

 

「簿記」とは、帳簿をつけることです。帳簿へ記録する技術ということです。

 

お小遣い帳や家計簿も帳簿づけなので、簿記ともいえそうですが、
お小遣い帳のようなものは単式簿記と呼びます。簿記検定で学ぶのは複式簿記
になります。 仕訳というもので取引と記録するので、家計簿とは異なります。
一般的には簿記というと複式簿記を指します。

 

日商簿記3級は「商業簿記」のみなので、個人事業主向けのものです。
日商簿記2級は株式会社会計と「工業簿記」が追加され法人が対象になります。

 

簿記の最終的な目標貸借対照表、損益計算書を完成させることです。
とりあえず複式簿記を学ぶことが、簿記の第一歩だといえます。

 

簿記の中心となる概念は以下の表です。 とりあえず左側が借方、右側が貸方という
名前だけ覚えましょう。覚えられない人は、自分を基準に考えると分かりやすいです。
[借りた人は自分、貸した人は他人]と考えると、例えば銀行からお金を借りた場合は
[現金(自分)/○○銀行借入金(他人)]となります。
下の表で見ると[資産の増加/負債の増加]ということになります。

 

簿記の基本

これが簿記の基本です。

借方 貸方
資産の増加

負債の減少
資本の減少
費用の発生

資産の減少

負債の増加
資本の増加
収益の発生

簿記はこの表がすべての基本です。はじめて簿記に触れる人はここで
つまずくと思いますが、これがわかればあとはスイスイ進みます。

 

最初に学習することは、この表の仕組みを理解するのがベストですね。

 

簿記を取得せずに会計事務所へ就職する予定の人も、この表だけは理解して
おきましょう!これがわかるだけで、実務の理解度が何倍にもなりますよ。

 

日商簿記資格試験のはじめて学ぶ簿記

 

スポンサードリンク

ECC

関連ページ

FP以外の資格を紹介「行政書士」
行政書士試験についての簡単なまとめ
FP以外の資格を紹介「税理士」
税理士試験についての簡単なまとめ
FP以外の資格を紹介「社会保険労務士」
社会保険労務士試験についての簡単なまとめ
FP以外の資格を紹介「宅建」
宅建試験についての簡単なまとめ