FP技能士(ファイナンシャルプランナーとは)

ファイナンシャルプランナーとは?

FP (ファイナンシャルプランナー)というのは、個人が生活していく上で経済面の補助をする役目をしたり、また「資金繰りの計画を作る」手助けあるいはアドバイスをしてくれる人と言えます。

 

生きていくうえで経済面、とくにお金の問題については常についてまわります。個人でこれからの計画や、今後起こりうる問題を判断するのはとても不安です。

 

FPはそのような個人または法人にアドバイスという裏づけを与え、事前に対策をしてあげます。

 

日本ではファイナンシャルプランナーの認識度はまだ低いのですが、米国では、個人に必要なアドバイザーとしてかかりつけの「医者」、いつでも相談できる「弁護士」についで「 FP」があげられます。

 

こんな話は聞いたことがなかったですか?

 

医者、弁護士とFPの期待されている役割には大きな違いがあります。医者や弁護士は「何か問題が発生したときの事後処理」を期待されることが多いのですが、 FPは

 

「問題が起こる前に、どういう問題が起こっても
一応の対処ができるようなアドバイス」

 

を期待されます。つまり、FPの技術は予防医学的な技術だと言えます。

 

FPはまず相手の人生の目標や夢を確認し、実現可能かどうか様々な面から ライフプランを 提案していきます。

 

ライフプランの設計には「資産管理」や「投資計画」「税金対策」リスクマネジメントまで、トータルなマネープランが必要になります。

 

そのためファイナンシャルプランナーには、金融商品や生命保険、損害保険、税金、不動産、公的年金制度、住宅ローン、 あるいは金融・経済全般などといった幅広い知識が求められるのです。

 

まだ日本では個人でかかりつけのFPがいるという人は少ないでしょう。

 

社会が複雑化するにつれ知識のない個人へのリスクが増加していきます。 今後は日本でも米国のように気軽に相談できるFPが増えていくと思われます。

 

スポンサードリンク

ECC

関連ページ

FP技能士3級
スタートとなる資格
FP技能士2級
目指すべき一つの資格
FP技能士1級
資格を極めるなら
AFPとは?
目指す一つの資格
CFPとは?
最終的な目標
4つの「E」とは?
認定される要員
ファイナンシャルプランナーの仕事
FPの仕事ってなにするの?
企業系FPと独立系FP
2つの仕事スタイル
今後のファイナンシャルプランナー
FPはこれからどうなる?
FPは万能な資格
独立、就職、自己啓発全てに使える資格