4つの「E」とは?

ファイナンシャルプランナーが守るべき4つの要因

日本FP協会ではファイナンシャルプランナーとして認定されるための、4つの要因
4つの「E」という形で簡潔に説明しています。

 

●教育(Education)
所定のFP教育カリキュラムを修了すること。またライセンスの維持・更新には「継続教育」による所定の単位取得が必要となります。

 

●試験(Examination)
教育要件を満たした後、ファイナンシャル・プランニングについて学んだ内容を実際の場面で統合的に活用できるかどうか、その能力を評価。試験合格とは、そのプランナーが実務遂行に必要なレベルに達していることを証明するものです。

 

●経験(Experience)
FPには「経験」が必要です。CFPR認定者となるためには、資格審査試験に合格するとともに、AFP資格取得後、AFP資格認定者として日本FP協会に1年以上在籍していることが必要です。また、ライセンス認定者には2年毎に更新が義務付けられています。

 

●倫理(Ethics)
教育、試験、経験の各要件を満たすと、ライセンス取得に先立ち日本FP協会が定める「倫理規程」の遵守について約定書に署名することが求められます。これは、ファイナンシャル・プランナーにとっては専門知識もさることながら、高い職業的倫理観を持つことが不可欠であるからです。

 

日本FP協会はこのようにファイナンシャルプランナーの質の維持と向上を目的としています。

 

スポンサードリンク

ECC

関連ページ

ファイナンシャルプランナーとは
ファイナンシャルプランナーって何をする人?
FP技能士3級
スタートとなる資格
FP技能士2級
目指すべき一つの資格
FP技能士1級
資格を極めるなら
AFPとは?
目指す一つの資格
CFPとは?
最終的な目標
ファイナンシャルプランナーの仕事
FPの仕事ってなにするの?
企業系FPと独立系FP
2つの仕事スタイル
今後のファイナンシャルプランナー
FPはこれからどうなる?
FPは万能な資格
独立、就職、自己啓発全てに使える資格