音楽セラピー

音楽セラピーで脳を活性化

右脳の活性化にはクラシック音楽が効果があると言われています。

 

音楽セラピーとは、音楽や音を健康保持や病気の治療に用いる方法で
音楽の持つ精神安定作用を活用する方法です。

 

音楽といってもポップスなどの歌詞の入った音楽だと歌に集中してしまい、
左脳でどうしても聴いてしまいます。

 

クラシックやヒーリングミュージックのような音楽が 右脳の深層心理に働きかけるようです。
特にクラシックの中でもモーツァルトの曲が学習効果が高くなるといわれています。

 

モーツァルトの曲はクラシックの中でも3000Hzを 越える高音域ゾーンに位置する曲です。

 

この高音域の曲が脳に与える効果というのは、 知的能力・芸術性・発想力・想像力の向上です。
実際に職場でモーツァルトの曲を流している会社もあるそうです。

 

 

高音域がぎっしりつまった音楽をたくさん聴くと、 頭脳が覚醒し、意識がシャキッとなって、
体に活力が 湧いてくるのを体感したことがある人もいると思います。

 

高音域には意識を目覚めさせるエネルギーがあります。

 

モーツァルトの音楽ではピアノやヴァイオリンが旋律をリードすることが多く、
全体の音域が高音域に寄っています。

 

私も一枚モーツアルトのCDを持っていますが、 非常に良い感じです。
高音がここちよく、 自然と音楽のペースに合わせて勉強が進んだりします。

 

かならずモーツァルトを聴く場面というのは 試験勉強中と、
フォトリーディングの最中です。

 

フォトリーディングでは集中力が最も大事なので
雑念が入らないようにする意味もこめて このCDを聞いています。

 

モーツァルト以外の曲ではバッハも効果があると聞きますが、
バッハは持っていないのでなんともいえません。

 

↓わたしはこのCDを使っています〜↓
モーツァルト療法 〜音の最先端セラピー 〜1.もっと頭の良くなるモーツァルト 〜脳にエネルギーを充電する音

 

スポンサードリンク

ECC

関連ページ

勉強の集中力を高める音楽
色々な記憶テクニックを紹介
フォトリーディング速読術!
神田昌典さんも使ってる
マインドマップ
復習時間を短縮できる
コリンローズ
コリンローズの加速学習法で効率的な記憶法を覚える