行政書士+ファイナンシャルプランナー(FP)

行政書士のダブルライセンス

意外なことにファイナンシャルプランナー(FP)資格を所有している人は、
行政書士をすでに持っている方が多いんです。

 

行政書士ってなに?って思う方もいると思います。
行政書士の仕事の中心は代書業務です。

 

たとえば、会社を作るにも定款など面倒な書類作成が必要です。
また営業許可をとるにもこれまた申請書類作成が必要です。

 

この手間を代行して手続きするのが行政書士なのです。

 

行政書士が作成できる書類は何千種類と多彩です。

 

全部を効率的にこなすのは非常に難しいです。
なので、行政書士は自分の得意分野に特化して業務を行います。

 

一般的には建設業に強い行政書士が多い印象があります。
しかし、建設業を扱う行政書士は古くから活動されている方も多く、新規参入者は厳しい現状です。

 

なので最近は自動車関連、動物関連、クーリングオフなどなどそれぞれ得意分野で勝負しています。

 

そこでFPを所有することで「金融と法律」両方を扱えます。

 

ファイナンシャルプランナー(FP)業務を中心に会社設立もできますし、
逆に法務をしながら、資産運用のアドバイスもできちゃうんですね。

 

後はアイデア勝負です。
行政書士は士業の中では比較的取得しやすい資格でもあります。

 

行政書士に興味のある方は、はじめて学ぶ行政書士試験

 

スポンサードリンク

ECC

関連ページ

必要とされているファイナンシャルプランナー
時代がファイナンシャルプランナーを必要としている。
保険代理店とファイナンシャルプランナー
保険商品に詳しい人=ファイナンシャルプランナー
社労士+ファイナンシャルプランナー(FP)
社会保険・人事労務管理をあつかう資格
税理士+ファイナンシャルプランナー(FP)
私の知り合いの税理士もFPと宅建を所有しています
宅建+ファイナンシャルプランナー(FP)
不動産の売買・交換・貸借の仲介などを業務として行う事務所に欠かせない存在
中小企業診断士+ファイナンシャルプランナー(FP)
診断・助言を行う専門家