資格活用法

ファイナンシャルプランナーの色々な活用方法

ファイナンシャルプランナーの資格の活用方法は様々です、会社員としても使えますし、独立するのもよいでしょう。

 

また他の資格と組み合わせることでもより仕事の幅が広がります。そんなファイナンシャルプランナー資格の活かし方をまとめてみました。

資格活用法記事一覧

必要とされているファイナンシャルプランナー

資産運用、住宅ローン、年金など昔の日本の一般家庭ではお金に関わることが、深く話される事はあまりありませんでした。それは日本の文化であったり、人種的なものなのかもしれません。ファイナンシャルプランナーという言葉が広まったのも近年の事です。ところが、最近は社会保険庁の不祥事、将来の年金に対する不安、一向...

≫続きを読む

保険代理店とファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーの仕事というとライフプランの設計を取り上げて説明されることが多いのですが、「保険の見直し」についてアドバイスする事もよくあります。家計において生命保険や自動車保険などの保険商品は、手っ取り早く節約できる部分でもあるからです。法人の場合は、ほとんどの場合に顧問の会計士・税理士...

≫続きを読む

行政書士+ファイナンシャルプランナー(FP)

意外なことにファイナンシャルプランナー(FP)資格を所有している人は、行政書士をすでに持っている方が多いんです。行政書士ってなに?って思う方もいると思います。行政書士の仕事の中心は代書業務です。たとえば、会社を作るにも定款など面倒な書類作成が必要です。また営業許可をとるにもこれまた申請書類作成が必要...

≫続きを読む

社労士+ファイナンシャルプランナー(FP)

いま話題の年金問題に関してのスペシャリストである社会保険労務士。社会保険労務士は、社会保険・人事労務管理をあつかう資格です。年金、健康保険、労災保険、雇用保険などの手続きや相談を行います。また就業規則の作成も一つの業務でしょう。企業に1人でもいると助かる社労士なんですね。ポジションは人事総務の部門に...

≫続きを読む

税理士+ファイナンシャルプランナー(FP)

日本FP協会に登録しているFPではほかの専門資格を取得している人も多くいます。その中でも一番所有者の多い資格が税理士なんですね。私の知り合いの税理士もFPと宅建を所有しています。なんでもやりたいという人は、税理士を取得するとよいです。税理士は行政書士業務も社労士業務(制限はありますが)もできます。も...

≫続きを読む

宅建+ファイナンシャルプランナー(FP)

不動産の売買・交換・貸借の仲介などを業務として行う事務所に欠かせない存在が、宅地建物取引主任者(宅建)です。事務所の従業者5名に1名以上の割合で専任の宅建主任者をおくことが、法律で義務づけられています。また、不動産の取引の際に、顧客に対し重要事項の説明をしたり契約書に記名・押印することは宅建主任者が...

≫続きを読む

中小企業診断士+ファイナンシャルプランナー(FP)

中小企業診断士とは、中小企業の経営課題に対応するための診断・助言を行う専門家のことを言います。中小企業診断士は、中小企業支援法に基づいて 経済産業大臣が登録する資格です。もちろん国家資格です。 企業診断をする上でとても相性のよい組み合わせです。企業が存続するために大事なの事は何でしょうか?売上げはも...

≫続きを読む