必要とされているファイナンシャルプランナー

時代の流れにのったファイナンシャルプランナー

資産運用、住宅ローン、年金など昔の日本の一般家庭ではお金に関わることが、
深く話される事はあまりありませんでした

 

それは日本の文化であったり、人種的なものなのかもしれません。

 

ファイナンシャルプランナーという言葉が広まったのも近年の事です。

 

ところが、最近は社会保険庁の不祥事、将来の年金に対する不安、
一向に先が見えない景気、複雑化する金融商品など。

 

日常生活においてお金に関するしっかりとした知識が必要な時代になってきました。

 

本当は子供の教育に、お金に関する教育を取り入れられればよいのですが、
日本ではそれが行われません。

 

毎月引かれる所得税や自動車や住宅のローン金利、
将来もらえる年金、多くの人たちは何も気にせず働いています。

 

または不安だと思っていてもどうしたらよいのか分からないまま、
なんとなく日々を過ごしています。

 

近い将来、もらえる年金が減り、所得税がアップされていくにつれて、
今までなにも気にしていなかった人もお金やライフプランについて、
真剣に考えるようになるはず!

 

たとえ所得税が上げられなくても、その分消費税を上げるでしょう。

 

年金制度や国の借金の現状を考えると税収を増やさないことには、
もうどうしようもない状態なのですから・・・

 

ライフプランは素人が計算するには複雑です。
まだまだ個人がファイナンシャルプランナーに相談するというのは稀ですが、
将来的にはファイナンシャルプランナーが必要になる時代がくると私は思っています。

 

スポンサードリンク

ECC

関連ページ

保険代理店とファイナンシャルプランナー
保険商品に詳しい人=ファイナンシャルプランナー
行政書士+ファイナンシャルプランナー(FP)
行政書士の仕事の中心は代書業務
社労士+ファイナンシャルプランナー(FP)
社会保険・人事労務管理をあつかう資格
税理士+ファイナンシャルプランナー(FP)
私の知り合いの税理士もFPと宅建を所有しています
宅建+ファイナンシャルプランナー(FP)
不動産の売買・交換・貸借の仲介などを業務として行う事務所に欠かせない存在
中小企業診断士+ファイナンシャルプランナー(FP)
診断・助言を行う専門家