保険代理店とファイナンシャルプランナー

ライフプランの設計だけではない

ファイナンシャルプランナーの仕事というとライフプランの設計を
取り上げて説明されることが多いのですが、
保険の見直し」についてアドバイスする事もよくあります。

 

家計において生命保険や自動車保険などの保険商品は、
手っ取り早く節約できる部分でもあるからです。

 

法人の場合は、ほとんどの場合に顧問の会計士・税理士がいるので
彼らがアドバイスをしてくれますが、個人の場合は相談相手がいないので、
保険代理店に相談したり雑誌で調べたりするのが一般的です。

 

最近は節約系のテレビコーナーが増え、ファイナンシャルプランナーの露出が増えてきたために、
生命保険・自動車保険など

 

「保険商品に詳しい人=ファイナンシャルプランナー」

 

というイメージが世間では定着している可能性もあります。

 

保険代理店業務とファイナンシャルプランナーは非常に近い関係にあります。
ファイナンシャルプランナー資格を利用して保険代理店を行うというのも有効な使い方かもしれません。

 

スポンサードリンク

ECC

関連ページ

必要とされているファイナンシャルプランナー
時代がファイナンシャルプランナーを必要としている。
行政書士+ファイナンシャルプランナー(FP)
行政書士の仕事の中心は代書業務
社労士+ファイナンシャルプランナー(FP)
社会保険・人事労務管理をあつかう資格
税理士+ファイナンシャルプランナー(FP)
私の知り合いの税理士もFPと宅建を所有しています
宅建+ファイナンシャルプランナー(FP)
不動産の売買・交換・貸借の仲介などを業務として行う事務所に欠かせない存在
中小企業診断士+ファイナンシャルプランナー(FP)
診断・助言を行う専門家