社労士+ファイナンシャルプランナー(FP)

社労士のダブルライセンス

いま話題の年金問題に関してのスペシャリストである社会保険労務士。
社会保険労務士は、社会保険・人事労務管理をあつかう資格です。

 

年金、健康保険、労災保険、雇用保険などの手続きや相談を行います。
また就業規則の作成も一つの業務でしょう。

 

企業に1人でもいると助かる社労士なんですね。
ポジションは人事総務の部門になります。

 

現在、年金制度の問題、少子化による給付の不安など
年金制度はとても不安定な状態にあります。

 

将来的に「確定拠出型の年金」が中心になる可能性もあります。

 

こうなると、将来もらえる年金が一定ではなくなってきます。
運用実績により、受け取る年金額が変わってきてしまいます。

 

さて、そのときにFP&社労士をもっていれば、
そんな時代が来てもバッチリ対応できます。

 

社会保険のプロで、しかも資産運用までできてしまう。
どちらも今後ニーズが高まると思われる資格なので、
今後企業からの需要が増大する可能性はあります。

 

いまのうちに取得しておくと後々役に立つことは間違いありません。
ただ、難易度が高い資格なので、集中した学習が必要です。

 

社労士に興味のある方は、はじめて学ぶ社会保険労務士試験

 

スポンサードリンク

ECC

関連ページ

必要とされているファイナンシャルプランナー
時代がファイナンシャルプランナーを必要としている。
保険代理店とファイナンシャルプランナー
保険商品に詳しい人=ファイナンシャルプランナー
行政書士+ファイナンシャルプランナー(FP)
行政書士の仕事の中心は代書業務
税理士+ファイナンシャルプランナー(FP)
私の知り合いの税理士もFPと宅建を所有しています
宅建+ファイナンシャルプランナー(FP)
不動産の売買・交換・貸借の仲介などを業務として行う事務所に欠かせない存在
中小企業診断士+ファイナンシャルプランナー(FP)
診断・助言を行う専門家