宅建+ファイナンシャルプランナー(FP)

宅建のダブルライセンス

不動産の売買・交換・貸借の仲介などを業務として行う事務所に欠かせない存在が、
宅地建物取引主任者(宅建)です。

 

事務所の従業者5名に1名以上の割合で専任の宅建主任者をおくことが、
法律で義務づけられています。

 

また、不動産の取引の際に、顧客に対し重要事項の説明をしたり
契約書に記名・押印することは宅建主任者が行わなければなりません。

 

ライフプランにおいて不動産は非常に大きなウェイトをしめます。

 

購入や買い替えには長期的な資金計画が必要になってきます!
また不動産の購入は必然的に相続が影響してきます。

 

今後この物件の評価がどうなるか?

 

将来的に贈与をしていくのか?

 

また不動産賃貸業を行う場合も出てきます。

 

こういったとき、宅建以外にFPを所有していれば 不動産の売買だけでなく、
総合的なコンサルが可能です。

 

宅建に興味のある方は、はじめて宅建試験

 

スポンサードリンク

ECC

関連ページ

必要とされているファイナンシャルプランナー
時代がファイナンシャルプランナーを必要としている。
保険代理店とファイナンシャルプランナー
保険商品に詳しい人=ファイナンシャルプランナー
行政書士+ファイナンシャルプランナー(FP)
行政書士の仕事の中心は代書業務
社労士+ファイナンシャルプランナー(FP)
社会保険・人事労務管理をあつかう資格
税理士+ファイナンシャルプランナー(FP)
私の知り合いの税理士もFPと宅建を所有しています
中小企業診断士+ファイナンシャルプランナー(FP)
診断・助言を行う専門家