中小企業診断士+ファイナンシャルプランナー(FP)

中小企業診断士のダブルライセンス

中小企業診断士とは、中小企業の経営課題に対応するための
診断・助言を行う専門家のことを言います。

 

中小企業診断士は、中小企業支援法に基づいて 経済産業大臣が登録する資格です。
もちろん国家資格です。 企業診断をする上でとても相性のよい組み合わせです。

 

企業が存続するために大事なの事は何でしょうか?
売上げはもちろん大事です。

 

しかし、一番大事なのは企業にお金があることです。

 

損益計算書が成績表というなら、 貸借対照表は健康診断表です。
当然、成績がよくても病気なら死んでしまいます。

 

実際、売上げは大きいがお金がなくて、税金が払えず さらに手形が不渡りになり、
黒字倒産というものが存在するんですね。

 

FPとして独立して企業を相手にするのであれば、
どれだけ支援できるかが大事だと思います。

 

金融機関の融資を好条件で受けられるように もっていくのも
FPの重要な領域ではないでしょうか。

 

また長期にわたって会社が存続できるように
一生懸命支援していくFPはかっこいいと思いません?

 

 

スポンサードリンク

ECC

関連ページ

必要とされているファイナンシャルプランナー
時代がファイナンシャルプランナーを必要としている。
保険代理店とファイナンシャルプランナー
保険商品に詳しい人=ファイナンシャルプランナー
行政書士+ファイナンシャルプランナー(FP)
行政書士の仕事の中心は代書業務
社労士+ファイナンシャルプランナー(FP)
社会保険・人事労務管理をあつかう資格
税理士+ファイナンシャルプランナー(FP)
私の知り合いの税理士もFPと宅建を所有しています
宅建+ファイナンシャルプランナー(FP)
不動産の売買・交換・貸借の仲介などを業務として行う事務所に欠かせない存在