税理士+ファイナンシャルプランナー(FP)

税理士のダブルライセンス

日本FP協会に登録しているFPではほかの専門資格を取得している人も多くいます。
その中でも一番所有者の多い資格が税理士なんですね。

 

私の知り合いの税理士もFPと宅建を所有しています。

 

なんでもやりたいという人は、税理士を取得するとよいです。

 

税理士は行政書士業務も社労士業務(制限はありますが)もできます。
もちろん税務相談や税務書類の作成は独占業務です。

 

税理士の業務は帳簿をつけている範囲で収まることはありません。

 

必然的に資産運用に関しても関与することになってきます。

 

保険商品は節税対策や資産運用のポイントにもなりますし、
相続対策などのコンサルを行うなど、FP業務に大きく関わってきます。

 

逆にFPにとっても税務は重要な分野です。
しかし、FPが税務の相談を業務とすることはできません。
それは税理士の独占業務なのですから。

 

もしも税理士+FPが取得できたとすれば、 資格はもう十分でしょう。
あとは営業努力だけです。

 

もちろん超難関資格ですので、十分なモチベーションが必要です。
1発チャレンジの資格ではないので、1科目ずつ地道に受けていくことも可能です。

 

なんでもやりたいっ!!って欲張りな人は税理士目指してみてください。
数字合わせが好きならとりあえず簿記からはじめてみることをおすすめします。

 

税理士に興味のある方は、はじめて学税理士試験

 

スポンサードリンク

ECC

関連ページ

必要とされているファイナンシャルプランナー
時代がファイナンシャルプランナーを必要としている。
保険代理店とファイナンシャルプランナー
保険商品に詳しい人=ファイナンシャルプランナー
行政書士+ファイナンシャルプランナー(FP)
行政書士の仕事の中心は代書業務
社労士+ファイナンシャルプランナー(FP)
社会保険・人事労務管理をあつかう資格
宅建+ファイナンシャルプランナー(FP)
不動産の売買・交換・貸借の仲介などを業務として行う事務所に欠かせない存在
中小企業診断士+ファイナンシャルプランナー(FP)
診断・助言を行う専門家