ファイナンシャルプランナー(FP)の試験制度

ファイナンシャルプランナーの資格と試験制度

以前は民間資格だったファイナンシャルプランナーに、
2002年に国家資格ができました。

 

現在は国家資格と民間の両方があるという、
なんとも初学者にはわかりにくい ファイナンシャルプランナーの試験制度。
試験機関も2つあって、ホントわかりにくいですよねえ。

 

ここでは各FP資格の受験資格や試験科目などを解説してあります。
ややこしい制度を説明します。

 

現在あるFP資格は「FP技能士」「AFP」「CFP」の3つです。

 

「FP技能士」というのが国家資格で、FP1級、FP2級、FP3級と3レベルあります。
「AFP」「CFP」は民間資格になりますが、それぞれが独立して試験を行っているわけではなく、
国家資格、民間資格ともに試験は関連しています。

 

試験の関連が非常に分かりにくいわけですが、

 

それぞれ受験資格も違えば、試験実施団体が異なるものもあります。
あとで勉強をはじめてから間違いに気づかないように、
今のうちに確認しておきましょう!

 

ファイナンシャルプランナー(FP)の試験制度記事一覧

国家資格「FP技能士」とは

「FP技能士の定義」-銀行等の金融機関等において顧客の資産に関する。-情報を収集および分析し、顧客のニーズにあった貯蓄。 -投資等のプランを立案し、その実施を援助する業務を行う。ファイナンシャルプランナー資格であるFP技能士は2002年より国家資格になりました。国家資格になったことで、堂々と名刺に書...

≫続きを読む

AFP資格とは

AFPは日本FP協会が認定するファイナンシャルプランナー資格です。日本独自の国内ライセンスとなっています。AFP資格が重視していることは、 「顧客に対して、基本的なFP業務を行うための知識をもち、実際にプランの作成をできるようにすること」国家資格「FP技能士」を比べると、質を重視した資格になっていま...

≫続きを読む

CFP資格とは?

CFPは1972年にアメリカで創設されたファイナンシャルプランナーのライセンスです。つまりCFPは国際ライセンスなんです。CFPはアメリカで代表的な資格で、日本FP協会が米国CFPボードと提携して日本に導入しています。AFPの上位資格がCFPです。CFPの取得条件まずはCFP試験の受験資格から。・2...

≫続きを読む

FP試験実施の団体は2つあるから気をつけて!

ファイナンシャルプランナー資格試験(FP技能検定)がわかりにくい原因の大きな理由は試験実施団体が2つもあることだと思います。1つは金財(金融財政事情研究会) もう1つがFP協会(日本ファイナンシャル・プランナーズ協会)。扱っている試験も若干異なります。●3級学科・実技 ← 金財のみ○2級学科・実技 ...

≫続きを読む

3級FP技能士試験

3級FP技能士試験は年に2回(1月と9月)実施されます。※試験日程はこちらで確認できます。ファイナンシャルプランナーとして独立を目指すのなら3級では不足ですが、学生の方が就職活動につかうのであれば3級ぐらいはとっておいた方が有利です。もちろんサラリーマンやOLも3級を学んでおけば、ライフプランの基礎...

≫続きを読む

2級FP技能士試験

平成16年度よりファイナンシャルプランナーの試験制度が変わりました。(社)金融財政事情研究会(以下、金財)と NPO法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会は、平成16年度からファイナンシャル・プランニング技能検定の試験実施日を統一することとなりました(1級実技試験を除く)詳細はFP技能検定の試験...

≫続きを読む

1級FP技能士試験

合格率が安定しない1級試験ですが、 現在は10%〜17%の合格率で推移しているようです。ファイナンシャルプランナーのトップ資格ですから当然難関資格です。投信、債券投資、株式投資などの分野において、パフォーマンスの測定、理論モデルやチャートなどの分析もできなければなりません。まさにそれぞれの分野のプロ...

≫続きを読む